荒牧研究室 福岡大学工学部電子情報工学科


外部発表

受賞

  • 秋山英久,中島智晴, 福島卓也, 大堀杏,鈴木雄大. RoboCup2017 Nagoya サッカーシミュレーション2Dリーグ 優勝, 2017年7月
  • 秋山英久, RoboCup JapanOpen2017 サッカーシミュレーション2Dリーグ 優勝, 2017年5月
  • 秋山英久,中島智晴, 田中翔, 中出知成, 福島卓也, RoboCup2016 Leipzig サッカーシミュレーション2Dリーグ 準優勝, 2016年7月
  • 秋山英久, 田中翔, 中出知成, RoboCup JapanOpen2016 サッカーシミュレーション2Dリーグ 優勝, 2016年3月
  • 秋山英久, 中島智晴, 三舩哲史, Henrio Jordan, 田中翔, RoboCup2015 Hefei サッカーシミュレーション2Dリーグ 準優勝, 2015年7月
  • 秋山英久, 中島智晴, 山下雄大, RoboCup2013 Eindhoven サッカーシミュレーション2Dリーグ 準優勝, 2013年6月
  • 中島智晴, 中邨陽介,炭谷剛志,秋山英久, 日本知能情報ファジィ学会著述賞 題目「RoboCupサッカーシミュレーションリーグ解説」, 2012年9月
  • 秋山英久, 中島智晴, 山下雄大, RoboCup2012 Mexico City サッカーシミュレーション2Dリーグ 優勝, 2012年6月
  • 秋山英久, RoboCup JapanOpen2012 サッカーシミュレーション2Dリーグ 3位入賞, 2012年5月
  • 秋山英久, 中島智晴, 上西孟介, 成本洋介, 岡山智彦, RoboCup2011 Istanbul サッカーシミュレーション2Dリーグ 準優勝, 2011年6月
  • 秋山英久, RoboCup JapanOpen2011 人工知能学会賞 論文タイトル「アクション連鎖探索によるオンライン戦術プランニング」, 2011年5月
  • 秋山英久, RoboCup JapanOpen2011 サッカーシミュレーション2Dリーグ 優勝, 2011年5月

解説

  • 秋山英久, ロボカップ2012メキシコシティ世界大会レポート(サッカーシミュレーションリーグ分担), ロボコンマガジン 2012年9月号(No.83), pp.32--38, 2012.
  • 秋山英久,中島智晴,RoboCupサッカーシミュレーションリーグ,日本知能情報ファジィ学会誌 Vol.24, No.1, pp.14--18,2012.
  • 秋山英久,RoboCupサッカー2Dシミュレーションリーグ解説:サンプルエージェントを使ったチーム開発,日本知能情報ファジィ学会誌 Vol.23, No.6, pp.838--844, 2011.
  • 秋山英久,RoboCupサッカー2Dシミュレーションリーグ解説:仕組みと環境構築,日本知能情報ファジィ学会誌 Vol.23, No.5, pp.714--720, 2011.

招待講演

  • 秋山英久, 人工知能はいつ人間を超えるのか?, 福岡文化振興会 一水会, 2013年4月.
  • 秋山英久, サッカーエージェントの意思決定におけるオンライン適応技術の検討, 電子情報通信学会 システム数理と応用研究会 (MSS), 2013年3月.

国際会議

  • Takuya Fukushima, Tomoharu Nakashima and Hidehisa Akiyama, Online Opponent Formation Identification Based on Position Information, RoboCup International Symposium 2017, 2017-07-30 (Aichi University)
  • Hidehisa Akiyama, Masashi Tsuji, and Shigeto Aramaki, Learning Evaluation Function for Decision Making of Soccer Agents Using Learning to Rank, Proceedings of SCIS & ISIS 2016, 2016.08.26 (Hokkai Gakuen University) Web.
  • Tomonari Nakade, Tomoharu Nakashima, Hidehisa Akiyama, Hirosato Seki, Position Prediction of Opponent Players by SIRMs Fuzzy Models for RoboCup Soccer 2D Simulation, Proceedings of SCIS & ISIS 2016, 2016.08.26 (Hokkai Gakuen University) Web.
  • Tojiro Kaneko, Hidehisa Akiyama, Shigeto Aramaki, Detection of Indoor Mobile Robots using Objective Sensor without Markers, 5th International Congress on Advanced Applied Informatics (IIAI AAI 2016), 2016-07-11 (Kumamoto City International Center)
  • Jordan Henrio, Thomas Henn, Tomoharu Nakashima and Hidehisa Akiyama, Selecting the Best Player Formation for Corner-Kick Situations Based on Bayes' Estimation, RoboCup International Symposium 2016, 2016-07-04 (The Leipziger exhibition grounds)
  • Hidehisa Akiyama, Masashi Tsuji, Shigeto Aramaki, Estimating Strategic Position of Soccer Agent using Cluster Analysis, International Conference on Computer Science and its Applications (ICCSA), 2013 Dec
  • Hidehisa Akiyama, Tomoharu Nakashima, HELIOS Base: An Open Source Package for the RoboCup Soccer 2D Simulation, The 17th annual RoboCup International Symposium, July 1, 2013.
  • Hidehisa Akiyama, Tomoharu Nakashima, Shigeto Aramaki, Team Formation Estimation using Cluster Analysis and Triangulation Model, Proceedings of SCIS & ISIS 2012, 2012.11.
  • Hidehisa Akiyama, Tomoharu Nakashima, Shigeto Aramaki, Online Cooperative Behavior Planning using a Tree Search Method in the RoboCup Soccer Simulation, Proc. of 4th IEEE International Conference on Intelligent Networking and Collaborative Systems (INCoS-2012), 2012.09.
  • Hidehisa Akiyama, Hiroki Shimora, Eijiro Takeuchi, Itsuki Noda, Tomohisa Yamashita, Integration of Sensory Data Taken by Multiple Rescue Robots using GIS, Proc. of 9th IEEE International Symposium on Safety, Security, and Rescue Robotics(SSRR2011), 2011.
  • Tatsuichiro Nagai, Shigeto Aramaki, Hidehisa Akiyama, The Design Object Model Of Mechanical Parts For Robotic Assembly By Using CAD Data, Proc. of 21st International Conference on Production Research (ICPR21), 2011.

国内発表

  • 福島 卓弥,中島 智晴,秋山 英久, RoboCup サッカーにおける敵位置情報に基づいた敵フォーメーション同定, 第48回人工知能学会 AI チャレンジ研究会, 2017年5月6日. (愛知県立大学)
  • 大和祐介, 秋山英久, 荒牧重登, 3D-CNNを用いたサッカー2Dシミュレーションのパス行動予測, 2017年電子情報通信学会総合大会 D-20-6, 2017年3月23日. (名城大学 天白キャンパス)
  • 牛膓俊寛, 秋山英久, 荒牧重登, 人間の行動選択ログを用いたサッカーエージェントの行動評価関数獲得, 第32回ファジィシステムシンポジウム, WE1-2, 2016年8月31日 (佐賀大学). http://fss2016.j-soft.org/
  • 三舩哲史, 中島智晴, 秋山英久, RoboCup サッカーにおけるキック分布を用いたゲーム戦術の切り替え, 第44回人工知能学会 AI チャレンジ研究会, 2016年3月.
  • 中出知成, 中島智晴, 秋山英久, 関宏理, RoboCup におけるSIRMsファジィモデルを用いた敵位置予測と1 対1 の守備への応用, 第44回人工知能学会 AI チャレンジ研究会, 2016年3月.
  • 辻将司, 秋山英久, 荒牧重登, ランキング学習を用いたサッカーエージェントの意思決定における評価関数の学習, 2016年電子情報通信学会総合大会 D-8-7, 2016年3月.
  • 金子東治郎, 秋山英久, 荒牧重登, 深度センサを用いた屋内移動ロボットの検出, 2016年電子情報通信学会総合大会 D-22-4, 2016年3月.
  • 田中翔, 中島智晴, 秋山英久, 三舩哲史, RoboCup におけるセットプレイのマーク割当の性能比較, 人工知能学会「社会における AI」研究会 第23回研究会, 2015年10月. (最優秀ポスター賞)
  • Henrio Jordan, 中島智晴, 秋山英久, 三舩哲史, Selecting the Best Strategy Against a Particular Opponent Team, 人工知能学会「社会における AI」研究会 第23回研究会, 2015年10月.
  • 三舩哲史, 中島智晴, Jordan Henrio, 秋山英久, 綾井創一, RoboCup サッカーにおけるキック分布を用いた勝敗予測, 第42回人工知能学会 AI チャレンジ研究会, SIG-Challenge-042-01, pp.1-6, 2015年5月.
  • 秋山英久, 辻将司, 荒牧重登, ランキング学習を用いたサッカーエージェントの行動評価関数の獲得, 第33回ゲーム情報学研究会, 2015年3月
  • 山下 雄大, 三舩 哲史, 中島 智晴, 秋山 英久, RoboCup サッカーシミュレーションにおける SIRMs モデルを用いた敵位置予測, 人工知能学会「社会における AI」研究会 第20回研究会, 2014年11月
  • 金子東治郎, 秋山英久, 荒牧重登, 多層モザイクを用いた3次元立体情報処理の速度向上, 第30回ファジィシステムシンポジウム, 2014年9月.
  • 西野 順二, 長岡 俊男, 秋山 英久, 大規模マイクロシミュレーションによるサッカー試合評価のためのクラスタとその実装, 第40回人工知能学会 AI チャレンジ研究会, B401-05, pp.26-29, 2014年5月.
  • 三舩 哲史, 中島 智晴, 秋山 英久, 関 宏理, RoboCup サッカーにおける SIRMs ファジイシステムを用いたログからの行動評価, 第40回人工知能学会 AI チャレンジ研究会, B401-04, pp.20-25, 2014年5月.
  • 中島智晴,三舩哲史,秋山英久, RoboCup サッカーにおける SIRMs ファジィシステムを用いたログからの行動評価, 日本知能情報ファジィ学会 ECOmp 研究部会 研究会, 2014年3月.
  • 金子東治郎,秋山英久,荒牧重登, 多層モザイクを用いた3次元立体情報処理の速度向上, 日本知能情報ファジィ学会 ECOmp 研究部会 研究会, 2014年3月.
  • 塩福浩史,秋山英久,荒牧重登, 深度センサを使用したロボットアームシミュレーション環境の構築, 第23回インテリジェントシステムシンポジウム(FAN2013), 2013年9月.
  • 辻将司,秋山英久,荒牧重登, ロボカップサッカーにおけるクラスタリングを用いたプレイヤの配置推定, 第23回インテリジェントシステムシンポジウム(FAN2013), 2013年9月.
  • 金子東治郎,秋山英久,荒牧重登, 3次元点群を用いた物体の認識, 第23回インテリジェントシステムシンポジウム(FAN2013), 2013年9月.
  • 秋山英久, サッカーエージェント開発における技術動向と今後の展望, 第29回ファジィシステムシンポジウム, WD2-4, 2013年9月.
  • 秋山英久,進藤真,荒牧重登, 自律移動ロボットによる人避け動作のための環境地図構築, 第37回人工知能学会 AI チャレンジ研究会, B301-6, pp.32-37, 2013年5月.
  • 山下雄大,中島智晴,秋山英久, RoboCup サッカーにおける敵位置の予測モデル構築, 第37回人工知能学会 AI チャレンジ研究会, B301-3, pp.15-20, 2013年5月.
  • 進藤真,秋山英久,荒牧 重登, 複数センサを統合した自律移動ロボットシステムの開発, 日本知能情報ファジィ学会 ECOmp 研究部会 研究会, 2013年3月.
  • 中島智晴,山下雄大,秋山英久, RoboCupサッカーシミュレーションにおける敵フォーメーションのモデル化, 日本知能情報ファジィ学会 ECOmp 研究部会 研究会, 2013年3月.
  • 秋山英久,荒牧重登, 行動連鎖探索によるアクションゲームエージェント制御, 第28回ファジィシステムシンポジウム, FG2-2, 2012.
  • 秋山英久,中島智晴,荒牧重登, 三角形分割を用いた関数表現モデルによる複数エージェントの配置予測, 第22回インテリジェントシステムシンポジウム(FAN2012), 2012.
  • 小島昇,下園惇平,江上心太,秋山英久,三島健司,荒牧 重登, 脳血流測定を用いた左右判定システムの開発, 第26回人工知能学会全国大会講演論文集, 3N1-OS-21-3, 2012.
  • 成本洋介,中島智晴,秋山英久, エージェントの意思決定における振動低減, 第35回人工知能学会 AI チャレンジ研究会, B201-2, pp.7-12, 2012年5月.
  • 秋山英久,岡山智彦,中島智晴, 強化学習を用いたサッカーエージェントのボール保持行動獲得, 第35回人工知能学会 AI チャレンジ研究会, B201-1, pp.1-6, 2012年5月.
  • 長井達一郎,荒牧重登,近藤禎敏, 組立ロボットのための回転動作を伴う作業スキルの表現, 情報処理学会第74回全国大会講演論文集, 5F-3, 2012年3月.
  • 秋山英久, 連続状態行動空間での木探索によるオンライン協調行動プランニング, 情報処理学会研究報告ゲーム情報学(GI), 2012-GI-27(11), pp.1--8, (2012-02-24), 2012年3月.
  • 近藤禎敏,秋山英久,長井達一郎,荒牧重登, 3次元におけるロボットによる組立作業スキルの実現法, 第64回電気関係学会九州支部連合大会, 03-2P-20, 2011年.
  • 秋山英久, アクション連鎖探索によるオンライン戦術プランニング, 第33回人工知能学会 AI チャレンジ研究会, B101-6, pp.23-28, 2011年5月.
 
Link: 研究内容(103d)
Last-modified: 2017-08-02 (水) 02:29:03 (54d)